めめたの部屋

理想の自分に近づくために、試行錯誤するブログ。

場面緘黙症は自然には治らない【しゃべる練習が必要】

 

f:id:utaummt:20190705191911j:plain

 こんにちは、めめたです。

 

場面緘黙症は大人になれば自然に治るのかなぁ?他の場面緘黙症を抱えた人たちはどうしているんだろう、、、?

 

 結論から言えば…自然には治らないです。現に私は、場面緘黙症で社会生活にいつまでたっても馴染めず辛いです。

 

場面緘黙症は自然には治らない

もう少し詳しく現在の症状を言うと、、、

  • 少しは改善されるが、まだまだコミュ障の域である。
  • 小さい声しか出ない。
  • そもそも話し方が分からない。

 

当事者でなければ、場面緘黙症を理解することは難しいと思います。というか、ほとんど不可能かもしれません。

 

今回は、大人になった場面緘黙症の私から見る現状を、少しだけ具体的に紹介したいと思います。

 

少しは改善されるが、まだまだコミュ障の域である

 そもそも「話し方」が分かりません。物心ついた時から気付いたら場面緘黙症で…ずっと家族以外の他人と会話らしい会話をすることなく、現在に至ります。

 

新しい環境に移る時、最初は頑張って話そうとします。しかし、その環境に慣れるにつれて…何故か本来の自分に戻っていくので話せなくなります。

 

 小さい声しか出ない

「話す」ということに慣れていないせいか、大きい声の出し方が分かりません。声を出して話すだけでも精一杯なのに、声を張り上げるなど難易度が高すぎます。

 

普通の人でさえ、「話さない」という期間が長いと声が出しづらくなるようです。

 

【ブタのしっぽをひっぱると】というブログにこんな記事がありました。

一人暮らしで誰ともしゃべらない生活を5ヶ月間したら…

 

場面緘黙症の人のしゃべらない生活は、5ヶ月なんてものじゃありません。何年、何十年という単位です。

 

しゃべる練習をするしかない

f:id:utaummt:20190903161213j:plain

 

私はある日、場面緘黙症の治療をされているところを見つけ、思い切ってカウンセリングを受けてみる事にしました。

 

何回かカウンセリングを受け分かったことは、改善するためにはしゃべる練習をする必要があることです。

 

圧倒的に、他人と会話するという経験が足りません。

 

人前で話すことが得意に見える人でも、それまでの練習や場数の積み重ねによる成果です。

 

実際に声を出して話すことに慣れる

話すプロである芸人さんが言うので説得力あります。

 


プレゼンの準備の仕方と正しい練習法

 

  • プロの役者さんは、舞台の本番前には必ず立ち稽古をする。
  • あっちゃんは、プレゼンの本番前に各3人に話を聞いてもらう。

 

「話を聞いてもらうことに慣れること」が大事だと言っています。

 

人前で話すプロでさえ、これだけ練習をしないと本番でガタガタになってしまうこともあるのだから、いきなり場面緘黙症の人が「今日は話すぞ!」という気合だけではどうにもならないのは明白ですね…。

 

それでは、この動画でいうところの「台本を読んだだけで本番を迎えようとすること」と同じです。

 

場面緘黙症の改善方法

「場面緘黙症」自体があまり世間には知られていないので、その治療方法となると…まだまだ進んでいるとは言えません。

 

私が場面緘黙症という言葉を知ってから10年以上が経ち、 最近になって偶然やっと治療できそうなところを見つけたのです。

 

現在受けているカウンセリングはまだ途中ですが、自分でも改善のために出来ることを少しずつ実践していこうと考えています。

  

 

YouTubeでしゃべる練習してみようかな。。。

 

以上、ありがとうございました。