めめたの部屋

理想の自分に近づくために、試行錯誤するブログ。

【場面緘黙症】話す練習をして改善する方法

f:id:utaummt:20190906202237j:plain

 

本当は話したいけど、話し方が分からない。。。どうすれば普通に会話ができるんだろう?場面緘黙症の改善方法や治し方ってあるのかな。。。

 

 「なんで喋らないの?」

 

そんなこと言われたって困る。

 

ずっと考え続けてきたけれど、何がきっかけだったか原因だったか記憶にないし、気づいたら喋れなかった。。。

 

「場面緘黙症」という言葉すら知らず、一日中ひとことも発せられなかった子ども時代。

 

なぜ喋れないのか?

 

それは、私自身がいちばん知りたかったことだ。

 

 

 

それから時が経ち大人になり、少し話せるようになった現在。

 

コミュ障のままじゃ生きづらい。。。改善するように頑張ってみよう。

 

そう思い立ったので、これからいろいろ試してみようと思います。

 

 

 話す練習をする→「話せる」「会話できる」経験を積む

 

f:id:utaummt:20190906223750j:plain

 

脳は騙されやすい。

 

なので自分の声を出して脳に聞かせると、「話している。」と脳が錯覚します。

 

すると、実際に「話せる経験」「会話できる経験」をしたことと同じようになるのです!

 

自分が話している声を聴こう

 

話す言葉に感情を乗せるには、表情をつくらなければなりません。

 

場面緘黙症の人にとって、苦手となるところだと思いますが、、、

 

  • 言葉と表情を合わせる。
  • 鏡を使って、自分の表情を確認する。
  • 自分の話している声を聴く。

 

このような練習をします。

 

例えば、、、舞台などでリハーサルも無しに、いきなり本番を迎えるなんてことになったら、不安になったり頭が真っ白になったりしますよね。


しかし練習していれば、似たような場面で「どんな言葉」を「どんなふうに」言えばいいか。その不安を減らすことができます。

 

少しずつ小さな経験を積み重ねて行けば、「これはできる!」という自信がついてきます。

 

場面緘黙症→「話し方」「しゃべり方」が身に付いていない

 

私の場合、心掛けてよく使うようになった言葉は、自然と出るようになってきました。

 

だから「慣れ」とか「経験」というのは大きいです。


最初は頑張って「言おう!言わないと!」みたいな感じで大変かもしれません。

 

 


それでも続けていれば、そんなに力まなくても自然に声が出せるようになってきます。

 

 

自分なりに何かしら前に進もうとすること。


出来ることを増やしていくこと。

 

 

そうすれば必ず改善できます。ストレスや不安をなくしていけます。

 

普通の人なら生きてるだけで自然に身に付けるようなことが、不器用すぎて上手く扱えないでいるだけ。


話す方法、しゃべる方法を身に付けられなかっただけ。その方法を知らなかっただけ。

 

 

「技術不足」なら訓練すればできるようになるはずです。

 

 

そんなこんなで、とりあえず。。。YouTubeでしゃべる練習を始めました。

 


【緘黙】簡単なセリフに感情を乗せる練習#1【しゃべる練習】

 

 

以上、ありがとうございました。