めめたの部屋

理想の自分に近づくために、試行錯誤するブログ。

【話し方がわからない】話し上手より聞き上手になること【相づちを打とう】

f:id:utaummt:20190909222257j:plain

 

 

人と話すのって苦手だなあ~(´・ω・)上手く話せるコツとかってないのかな。。。?

 

 

こんにちは、めめたです。

 

今まで、人に話しかけられると「何か話さなきゃ!」と気構えるけど、何と答えたらいいのかわからず沈黙したりしていました。

 

「普通に、思ってることを言えばいいよ」と言われても、どんなふうに???

 

うーむ。。。

 

今回は場面緘黙症のカウンセリングで得たことをもとに、一人でできるトレーニング方法を考えていこうと思います。

 

話し上手より、聞き上手になること

 

f:id:utaummt:20190909224600j:plain

 

コミュニケーション能力を上げるためには、上手く話そうと考えるのではなく、相手の話を上手に聞くように心掛けると良いようです。

 

聞き上手になると、「好感を持たれる」「人が集まる」「友達ができやすい」「また話したいと思われる」などの効果があります。

 

話はちゃんと聴いているのに、「聴いてる?」「分かった?」なんて言われることがないでしょうか?

 

私はよく言われるので、、、なんでなのかと疑問だったんですが、下記のことが全然できていませんでした(´-ω-`)

 

 

会話で大事なのは「相づち」

 

相手の話を聞いているときに、私はほとんど「はい。」しか言っていませんでした。

 

これだと、話している相手にとっては不安になるし、話がつまらないのかな~と思ってしまい、会話が盛り上がりません。

 

会話を盛り上げるために大事なのは、バリエーション豊かな相づちを打つことです。

 

例えば・・・

  • なるほど
  • そうなんですね
  • そうなんだ
  • そうそう
  • へぇ~
  • 確かに
  • すごいですね
  • 本当ですか
  • うんうん

 

これをふまえ、話を聞く場合に気をつけることがあります。

 

  1. 話し手の目を見る
  2. 話の内容に表情を合わせる
  3. 話に合わせてうなずく
  4. うなずきに合わせて相づちを打つ・繰り返し(オウム返し)
  5. 反論しない

 

相づちを打つ時には、相手を否定するような言葉は使わず、肯定する言葉を使います。

 

そして、話の内容で大事なところ、強調してほしいだろうキーワードなどは、相手の言葉を繰り返します。

 

 

 

今日は暑いですね~

 

はい

 

 ではなく、

 

そうですね〜!暑いですね~

 

といった感じですね!

 

 

一人でできる相づちのトレーニング方法は、、、まだ考え中ですm(_ _)m

 

やってみていいかも…と思ったのはyoutubeで「対談」の動画を観ることです。

 

聞き手の相づちや繰り返しの言葉に注目して、それを紙に書き出していきます。

 

オリラジさんの対談はさすが芸人さんで、テンポが良くて聞きやすかったです。

 

話し手と聞き手がコロコロ変わっても、全くテンポが崩れず凄いです!

 

ポジティブな相づちをよく使ってる印象で、「嬉しい〜」「そうそう!」とかです。

 

女性は「こじるりさん×ヒカルさん」の対談、よかったです。

 

 

そのうち、「相づち」の練習動画を作りたいと思います。

 

 

以上、ありがとうございました。