めめたの部屋

理想の自分に近づくために、試行錯誤するブログ。

【場面緘黙症】学校は孤独で不安でいっぱいだった

コミュニケーションが苦手な人のイラスト(女性・学校)

 

 

「話さない」のではなくて、「話せない」のです。自分でも何故話せないのか分からないんだから、他人に理解してもらうのは難しいだろうなぁ…。

 

 

こんにちは、めめたです。

 

学生時代は辛かったけれど、なるべく休まないように頑張って学校へ行っていました。そんな中、一番苦手な学校行事と言えば…、私の場合「遠足」でした。

 


行きはいいけど、お昼のお弁当の時間はどうしよう!

 

誰か一緒に食べようって誘ってくれるかな?

 

自分では声を掛けられないし…

 

帰りは!?道に迷ったらどうしよう…

 

誰か前の人を見失わないように、しっかりついて行かないと…(;_;)

 

 

不安しかなかったです。

 

 

今回は、学生時代の辛かったエピソードを語りたいと思います。

 

 

 

学校の教壇のイラスト(背景素材)

 

出席をとる時、先生に自分の返事がちゃんと届いているのか不安

 

声を出すことに慣れていないためか、基本的に声が小さいです。何かしゃべった時にも、何回か聞き返されることが多いです。

 

教室はシーンとしていることは少なく、少しざわざわしていることが普通です。

 

そして自分の席から…そう、離れた場所から雑音にかき消されないように、返事をする。

 

もし大学の講義で使うような広い教室だったら、さらに大きなはっきりとした声が求められる。

 

だから、毎回毎回、自分の声がちゃんと届いているのか不安でした。

 

大学だったら、一人ひとりの顔と名前を先生が覚えているわけではないし、聞こえてなくて欠席にされている可能性もある。

 

普通に聞こえる声で返事をした時も、聞き慣れない声だったからなのか、聞き取りにくい声だったからなのか不明ですが、「居るなら返事をしなさい!」というようなことも言われたことがあります…。

 

でも近くの席にいたクラスの子は「結構、大きな声だったよね」という事を言ってたので、相手に聞こえる声というのは、声のボリュームだけではないのかもしれないですね。

 

 

 

話しかけてくれる人がいても、会話ができないので友達が作れない

 

本当に申し訳ないし、辛いですよ。

 

新しい学年や中学、高校、大学、職場。

 

私と仲良くなりたいと思って、話しかけてきてくれる人はいました。

 

私だって、みんなと仲良く楽しくできるならば、そうしたい。友達もいたら、きっと日々もっと楽しいのだろうな~と思いますよ。

 

しかし、頷いたり、聞かれたことに一言二言答えるだけ。

 

そんなやり取りしかできなくて、そんな人間と一緒に居ても楽しいわけありませんよね。(私は一緒に居てくれるだけで嬉しいし、有り難いのだけど…)

 

ずっとこんな感じで、いつからか「どうせ本当の私を知ったら、離れていくんだろうな。」という思いが根付いてしまって、他人と距離を置くようになってしまいました(T_T)

 

学生時代はまだ、‟いつも一人でいる”と周りに思われるのが気になっていて…休み時間とかは辛かったです。小・中学校では、ぼーっとしたり、無駄にトイレに行ったりしてやり過ごしていました。

 

高校では自分の席で本を読んでいました。

 

大学で暇な時は、図書館で時間を潰しました。

 

その点、社会人は楽ですね。

 

自分でやりたい事もやりたくない事も決められるから、自由です。

 

 

 

分からないことがあっても、誰にも聞けない

 

学校では、全ての生徒のペースに合わせてやってくれるわけではありません。

 

私は(今でも)聞き取りが結構苦手で、相手が何を言っているのか、聞き取って理解するのに時間が掛かることがあります(聴覚情報処理障害かも…)。

 

それでなくても、(声を出すのに抵抗があるため)受け答えに時間が掛かるのに、理解にも時間を要していれば、もう会話など成立しないのは当然…かもしれません(;´∀`)

 

「人に声を掛ける」っていうのは、ハードルが高かったです。というか、出来た記憶はないので、分からないまま、常に何かしら不安を抱いて過ごしていました。

 

声を発すること、笑うことのできない毎日。

 

それだけでも、どれだけ神経を張り詰めて生きていたか。

 

話しかけなければならない時、名前を呼べないので…肩とか腕をトントンして気づいてもらって、要件を言ったり。

 

あとは、周りを察して勘で動くしかないですよね。

 

 

 

登校拒否の女の子のイラスト

 

まとめ

 

学校という集団生活。

 

規則はあるけれど責任を問われない守られた空間。

 

しかし、場面緘黙症のように、周りの人たちと同じようにできない人間にとっては、とても孤独で不安な場所でした。

 

自分で選べない環境で、いろんな先生、いろんな生徒のいる中、理不尽なことだったり、傷つくこともたくさんあると思います。

 

私は、よく学校でも胃が痛くなったり、嘔吐したりしていました。

 

どうしても嫌だった遠足なんかは、仮病で休んだりもしました。

 

毎日を生き抜くだけで精一杯だった…と言っても、大袈裟でもないと思います。

 

孤独、不安、心配…。

 

親には、自分が学校では全く話せないとか言えませんでしたから、今でも私は「大人しい」「内弁慶」で通っています。

 

 

 

最近になってやっと、「場面緘黙症」というワードをたまに聞くようになってきましたね。

 

そんなビョーキなどがあるとは知らなかった私の学生時代にも、この人私と同じかも…と思い当たる人が2~3人はいたので、世間で知られてるより、場面緘黙症の人って多いのかもしれないです。

 

 

以上、私にできる事をこれからもマイペースでやっていこうと思います!

ありがとうございました。