めめたの部屋

理想の自分に近づくために、試行錯誤するブログ。

免疫力を上げるためにしている3つの事

免疫力の強い人のイラスト

 

 

 

白湯を飲む 

 

白湯のイラスト

白湯を飲むように習慣づけると、基礎体温が上がるため、免疫力が上がります。温めより、熱めのお湯をチビチビ飲む方が効果があるようです。

 

インドのアーユルヴェーダでは、夏でも冷たい飲み物は勧められておらず、温めの白湯を飲んだ方が良いと思います。

 

白湯は消化に負担がかからないので、溜まった毒素を排出する…つまりデトックスにも効果的です。

 

 

 

自然塩を摂る

 

 

盛り塩のイラスト
自然塩とは、精製された食塩ではない、きちんとミネラル分が入ったままの天然塩のことです。

 

パッケージの後ろに成分表示があると思いますが、例を挙げると「伯方の塩」「赤穂の天塩」「皇帝塩」などです。

 

目安は、食事以外で1日に3gくらい摂るようにしています。

 

効果としては、便秘に効いているような気がします。塩パックもしているのでそれの効果もあると思いますが、肌も柔らかくなりました。

 

 

 

冷水を浴びる

 

シャワーを浴びているイラスト


冷水を浴びるようになったのは、水かぶりがアトピーに効くらしく、肌が綺麗になればいいなと思って始めたものです。

 

冷水で肌に刺激を与えると、副腎皮質ホルモンが分泌されるようになります。これは自前のステロイドが副腎から分泌されるということです。

 

実際やってみた感想として、最初は冷たいのでちょっとした勇気がいりましたが、慣れてくるとそんなに辛くはないです。

 

私はお風呂の最後に、心臓に遠い場所からシャワーで浴びています。全部で10数秒ほどです。

 

冷水を浴びた後は、身体が内側から熱くなるような感覚があります。なので、冬場などは湯冷めしにくくなって一石二鳥かなと思います。夏場もさっぱりして気持ち良いです。

 

 


おまけ

おへその穴を塩で埋める「へそ塩」

 

でべそのイラスト


お臍には神闕(しんけつ)というツボがあり、赤痢の治療でお臍に灸を据えたり、ものもらい・結膜炎の民間療法、女性の月経中の体調改善、ワキガなどに「へそ塩」は行われているようです。

 


お臍は体内の廃ガス最終処理場らしいです。なので、お臍の塩が体内の毒素を吸収し、デトックスや体臭予防に効果があるのだろうと思います。

 


お臍に塩を入れてテープを貼ってみると、お腹がポカポカする感じがあります。上半身の新陳代謝が上がったという方もいるようです。

 

 

 

 

 

「良いものを取り入れるより、悪いものを絶つ」という心掛けが大事だと思います。

 

 

 

 

以上、ありがとうございました。